スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

米ドル円★FX情報★7/20

イサムのFX情報をお読みになられる方は
まずはじめに【下のバナー】のクリック応援をお願い致します
人気ブログランキング
にほんブログ村 為替ブログ ポンド円へ
にほんブログ村

応援ありがとう御座います(^^)v
--------------------------------------
読者の方はイサムと同じチャートに設定しましょう
設定方法はこちらをクリックして下さい
--------------------------------------

おはようございます。

休場明け今朝の主要3通貨はやや下に窓を開けてのスタートとなっております

既に窓を塞いでおりますので、現在はそれによる影響はないと考えております

さて、先週末金曜日を振り返ってみますと、米ドル、ユーロは円安に向かい、ポンドはやや円高に向かいました

しかし、「節目」をまたぐ動きはしておりませんので変化ナシという見方でいいでしょう

変動幅も3通貨共に-1σ~平均線の間での推移をしておりますので、ここからも想定内の動きと言う事が言えます

私は先週金曜日ののブログで「不安定な要素がある」と言う解説をしました

朝の時点で米ドル円日足は-1σに対してブレイクトライをしておりました。

私は解説の中で「-1σを割り込んでも慌ててショートは取らないほうがいい」と申し上げました

結果的に一時割り込んだもののクローズでは陽線を形成してますので、やはりショートを取らないで正解だったと言うことが言えます

それは「ユーロ円」の動きから察知しておりました

特別にユーロ円が主導という要素は少ないと思いますが、最近のチャートを見ると、ユーロ円は日足平均線に対してトライする動きが明白であるので、ここからの大幅な円高方向は考えにくいという場面でした

例えばユーロ円が率先して下落していれば別ですが、その様子もありませんでしたので方向性が別として「不安定」という解説ができました

これは上方向にも同様のことが言えるでしょう

現在は3通貨共に日足平均線を上値抵抗値として持っておりますが、
ユーロ円のみが平均線まで最高値が到達しているものの、
米ドル円、ポンド円は到達しておりません

ここからも上値が重たいという判断ができます

つまり、今の現時点ではどちらもありえるし、方向性もしっかりと決まっていないという判断ができます

上方向も米ドル、ポンドが日足平均線にトライを仕掛けてくるとまた上方向も期待できるのですが、今の段階では下方圧力の方が強いように見えます

したがって現状からは3通貨が足並みを揃えるまで明確な方向は見えないと考えますのでポジションの長期保有は好ましくないでしょう

こういう半々の時は無理してポジションを取っても意味がありませんので、しっかりと自信の持てるエントリーをするように心掛けましょう

このように、しっかりした「基準」を決める事により

リスクの少ない安定したトレードができるようになります

相場の流れを判断する上で「絶対」という予測は誰もできません

しかし、ある基準値を越えると糸の切れたタコのように加速する法則があります

その糸の切れるかどうか判別点が「節目」に当たるわけです

それを私は「節目」として解説をしているのです

そのルールを決めると、「流れ」や「圧力」が判断できます

またそのルールは通貨ペアや時間軸を選びませんので、

公正な判断材料になるわけです

この「勢い」や「方向性」、「エネルギー」と言うのは全てチャートが語ってくれます。

私の場合は「節目」という基準を定める事により明確な数値を算出して予測を立てます

流れはほぼ私の解説の通りに動いておりますので

読者の皆様はその精度の高さをご実感いただけているかと思います

この様に毎日分析をすることにより、活きている相場からのメッセージを受け取る事ができます

これはたとえ逆のポジションを持っている場合でもいち早く危険を察知して損切りをする事ができます

このような分析は、高いソフトや有料シグナルを用いても得る事ができないでしょう

生きてる人間だからこそ読み取る事ができますし、またそれは難しい事はありません。

数ヶ月キチンとした方法で鍛錬を積むことにより、誰でもできることだと私は思います

私の場合は「節目」を基準にして、嘘偽りなく予測値を掲載しておりますので、その精度の高さは毎日の読者の方であればお解かりいただけるかと思います

相場の結果は、私どもは人間である以上は未来の事などわかりません。

上に行くか下に行くかどちらかです。

しかし、「勉強」をすることにより「統計的」に「確率」で判断する事ができます

その確率の基準となるのが「節目」にあたります

この「節目」を意識した結果がどれくらい精度の高いものかは読者の皆様であればご理解いただけるかと思います

どんな状況にあっても「節目」を見れば、相場の「正常な動き」「異常な動き」をすぐに察知する事ができますし、「チャンス」掴みやすくなります

このように「節目」がわかっていることにより活きている相場の状態がわかります。

節目がわかっていると、相場の流れの「理由」が分析できます。

意識せずにトレードをしておりますと、レンジならいいですが、トレンドになった時に対応できなくなり大損を招く結果になります。
そのようなトレードをしておりますと、9勝1敗でも損益となります。

だから、勉強が必要なのです。

上値に対しても、下値に対しても「抵抗値」「転換値」を定めておく事により

トレード力が格段に上がります。

上に向かおうが、下に向かおうが想定内であれば慌てることは一切ありません

これを無視すると、常に値頃感でのトレードをしてしまい、「買ったら下がり」、「売ったら上がる」という逆タイミングポジションをとってしまいます。

人は神様ではありませんから、パーフェクトな予測はできません。
大事なのは「どこまで自分の予測と反対に行った時に、それを認めるか」です

いつまでも自分の値頃感予測にこだわると、損切りが出来ずに、甚大な損益を抱え、切るに切れない状況の陥ります。

ですから、私は「転換値」として必ず自分の考えを転換させるポイントを設定しております。

それは損失を最小に抑える技と言えるでしょう

その転換値は自分自身の経験がものを言いますし、長くしていれば勝手に身につくものでもありません。

意識して、鍛練することにより身に付くものでしょう。


さて、早速今日の解析をしてみましょう

今朝のFX為替レート(8時位)は   ()カッコ内は前日同時刻レート

USD(米ドル)/JPY  94.23(93.76)
前日 始値  93.91
    終値 94.23
    高値  94.37 
    安値 93.48

EUR(ユーロ)/JPY 133.14(132.59)

GBP(ポンド)/JPY 154.12(153.92)

NZD(ニュージーランドドル)/JPY 60.87(60.71)

EUR/USD 1.4127(1.4140)

市場情報()内は価格
日経平均終値前日比 +51.16(9395) JPY 

NYダウ平均終値前日比 +32.12(8743) USD


※上記の数値は必ずご記入下さい。
あとはご自分の取引通貨の前日の高値安値もご記入下さい。

【今日の経済指標】
左のサイドバーをご確認下さい

★★★テクニカル検証★★★

★★★★★★★★★★★★★★★★
イサム推薦、一押しFX業者さん紹介はこちら

【スワップ横綱】 →フォーランドオンライン
【約定能力横綱】 →エースでねらえ!FX
★★★★★★★★★★★★★★★★
【見逃せないキャンペーンのお知らせ】
嬉しいキャッシュバックのお話です

【MJ】さんが期間限定で5000円のキャッシュバックがいただけます

しかも、1度のお取引だけでです

見逃せませんね

お申し込みはこちら↓

★★★★★★★★★★★★★★★★
【日足】
米ドル日足7.20

●ボリバンでは-1σ~平均線の間に位置しております

金曜日は予測通りー1σでサポートを受けました

ここ数本のローソク足を見る限りでは、決して上昇圧力が強いという判断はできないでしょう

唯一-1σでサポートを受けているということが評価できる点だと思います

冒頭でも申し上げましたが、現状からは上も下も半々という見方をした方がいいと思います

現在は主要3通貨が不安定でありながらも動きとしては同調している様子が見えますのでので足並みを揃えたところでのエントリーが望ましいと思います

そういう意味でも

上方向には米ドル日足平均線越え
下方向にはユーロ円-1σ割れ

この2点は注目した方がいいと思います

日足平均線は厚い壁ですので1通貨がクリアしても3通貨がクリアしないと戻される可能性が高い考えております。

このような時は大きく動くことよりも、平均線下辺りでレンジになること多いですので、あまり焦って先走らないように気を付けましょう

抵抗値は
上値抵抗値 95.10
下値抵抗値 93.70

※【シート】には、このポイント値を記入してください


●RSIは47.00で中間値に近い状態です

●MACDはシグナルとクロスをしてます。もう少し角度を上につければ「ゴールデンクロス」です

★★★★★★
私の参考人気ブログランキングへ
★★★★★★

【2時間足】
米ドル2時間足7.20


●ボリバンでは+1σ~+2σの間に位置しております

日足で解説したように、上も下も節目を抱えている場合はこの2時間足が有効な判断材料となります

現在のように+1σより上に位置しておりますので、圧力は上に向かいやすいという事を意味するでしょう。

+1σでサポートを受け続ける限りは日足平均線を目指しやすいでしょうし、

逆に平均線を割り込むと日足-1σにブレイクトライをしやすいと判断できます

ただし、先にも申し上げたように、日足平均線は厚い壁ですので、ここを乗り越えるには大きなエネルギーが必要になります

そういう意味でも2時間で上昇トレンドの形であるボリバンの広がりを見せるようでなければ乗り越えるのは難しいと考えます

日足の場所からも現在の位置でのロングはリスクが大きいと考えます

想定されるエントリーとしては

・日足平均線越えてからのロング
・日足平均線真下での戻し売り(ショート)
・場合によっては日足-1σからのショート(短期決済)

がリスクが少ないと考えられますので、その予兆をこの2時間足に出ますのでしっかりと見定めましょう


短時間ベースでの抵抗値は

上値抵抗値 95.10
下値抵抗値 94.10



※【シート】には、このポイント値を記入してください

●RSIは67.92でやや買われている状況です

●MACDはシグナルより上向に角度を付けてきました


あなたの相場観が大きく変るはずですよ(*^^)v

1日1回のクリック応援をお願いします(下の2つのアイコンをクリックしてください)
人気ブログランキング
にほんブログ村 為替ブログ ポンド円へ
にほんブログ村

応援ありがとう御座います(^^)v
★★★★★★

スポンサーサイト

theme : 金融・株・FX
genre : アフィリエイト

comment

Secret

こんにちはイサムです
西番付
西番付
ベストチャート番付
【必須チャート横綱】
エース交易
FX
・サクサク約定
・小スプレッド
・幅広通貨ペア
・イサムの使用チャート
設定方法はこちらをクリックして下さい
筆者からの紹介はこちら
「限定レポート」コラボ
【限定レポート】
プレゼント

FXブロードネット
FXトレーディングシステムズ
・1000通貨取引可能(ライトコース)
・スプ0.5銭~
・高スワップ
・もれなく「イサムのFX上達術」レポートプレゼント
ダブルプレゼント企画
【限定50】
【Wプレゼント】
M2J
bn_120_60.gif

・M2Jより「トラリピ」限定書籍プレゼント
・イサムから「波で勝つ」レポートプレゼント
・トラリピはM2Jだけ
・「相場の神様」のレポートが読めます
メタ4番付
【メタ4横綱】
ゲインキャピタル
ゲインキャピタル・ジャパン
・メタ4業者では一番でしょう
・千円から取引可能
・ドル円スプ1.1~
モバイル番付
【モバイル取引横綱】
FXトレード・フィナンシャル

筆者からの紹介はこちら
・携帯取引機能充実
・スプ1銭~
・高速約定
低スプレッド番付
【低スプレッド横綱】
EMCOMTRADE

筆者からの紹介はこちら
・ドル円スプ0~0.8銭
・スキャルピング向け
・キャッシュバック特典有り
約定能力番付
【約定能力横綱】
ひまわり証券 マージンFX

筆者からの紹介はこちら
・スリッページ0
・小スプレッド
・1回取引で5000円バック
低コスト番付
【低コスト横綱】
[アイディーオー証券]マスターFX2

・1回取引で5000円
・スプ0.8銭~
・指標即時配信
最近の記事
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カウンター
現在の閲覧者数:
株価チェック
リンク
私の大事な相互リンク様
経済指標はここでチェック
1000通貨横綱
ヒロセ通商
ヒロセ通商
・1000通貨取引可能
・千円から取引可能
東番付
東番付
FXシートタイアップ中
★★★限定企画★★★
~FXシートタイアップ中~
MJ

筆者からの紹介はこちら
・ドル円スプ固定0.8銭
・1回取引で5000円
・うれしいツール有り
★FXシートタイアップ中
情報番付
【情報横綱】
セントラル短資FX
筆者からの紹介はこちら
・情報が豊富
・ポイント制あり
・高スワップ
SEO対策:FX SEO対策:ドル SEO対策: SEO対策:FXプライム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。